大切な仲間たちと音楽あふれるひととき

ヒカリヤ中庭祝言式 ヒガシ1階/ゲスト40名様

音楽と笑顔のあふれる結婚式

新しく選んだ土地での結婚式

栃木県出身の新郎様と愛知県出身の新婦様。
信州が気に入り、二人の新しい土地として選ばれました。
ご友人の作ってくださったピアスを付け、新婦様のお支度完了。
ヒカリヤでの撮影ののち、松本城へも撮影へお出かけ。
白無垢に帽子がとてもモダンで素敵なスタイルです!

 

お二人こだわりの品がたくさん!

作曲家の新郎様とアーティストの新婦様。
お二人こだわりの品が皆様をお迎えします。
受付のあるエントランスの水盤には、
お二人お手製のかわいいアイテムがお花の中から顔をのぞかせます。
入口には新婦様のお母様お手製のウェルカムボードと版画の作品。
席次表には、信州のおすすめラーメン店や
城下町のおすすめスポットが掲載されており、
信州の魅力がたくさん詰まった一冊になっていました。
指輪も手作りされたこだわりの品です。

 

大切な家族や仲間に見守られる祝言式

挙式はヒカリヤの中庭で祝言式を行いました。
仲間たちが作る花道を通り、セレモニーを行うデッキへ進みます。
お清めの儀は両家の甥っ子姪っ子さんに登場していただきました。
栃木と愛知のお酒を合わせ、飲み交わします。
受付で皆様からお祝いの言葉を書いていただいたダルマに目入れを行います。
このダルマも信州ならではの松本ダルマ。
退場の際には、お二人お手製の鈴付きの
リボンワンズが花道を華やかにしてくれました。

 

仲間からの音楽というお祝いの言葉

披露宴は信州の銘酒、大雪渓の鏡開きでスタート!
久しぶりに会う親族や仲間とゆっくりとお話をする時間を
楽しんでいただきました。
披露宴後半は、仲間からのお祝いをたくさんいただきました。
即興曲にあわせて預かっていたお手紙の朗読をしたり、コントラバスの演奏、
トロンボーンの演奏は中庭に響き渡る音が心地よく会場内にも伝わります。
結びはホーミーという喉を震わせてまるで弦楽器がいくつもなっているかのような
曲のご披露。アンコールが入り、新郎様を含めてのセッションが始まりました!
苦楽を共にしてきた仲間からのお祝いの演奏は、会場を一つにしてくれました。
披露宴の結びは信州らしく万歳で!
大切なゲストに信州を満喫していただいた一日でした。