挙式

ヒカリヤでの人前式

人前式

大切な人々に誓いを立てる儀式
ヒカリヤで行う人前式

おふたりの人生において大切な方々に見守られる中、神仏ではなく、そのお立会い頂いている皆様に永遠の誓いを立てる人前式。ヒカリヤヒガシとヒカリヤニシの中庭である日本庭園でのセレモニーがお薦めです。
凛とした静けさと共に、春には満開の桜、深緑がまぶしい夏、秋の紅葉、雪が美しく彩る冬と、四季折々の樹々が色とりどりに染まる、非日常の空間です。
また時には近郊の森の中で大きな自然のエネルギーを受けながら行うアウトドアウェディングもご提案しております。
おふたりらしい、ヒカリヤらしいセレモニーを沢山ご用意しておりますので、おふたりやゲストの背景をお聞かせいただき、オリジナルの人前式をご提案いたします。もちろん、披露宴会場での人前式も可能ですのでどうぞご相談ください。

日本古来の伝統的な『祝言人前式』

日本の伝統的な結婚式というと神前式だと思われる方も多いかと思います。
しかし、実は神前式が一般で行われるようになった歴史は意外と浅く、明治時代からのこと。1900年(明治33年)に、大正天皇(当時は皇太子)の結婚式が神前式で行われたことから広まりました。
ちょうどヒカリヤが建てられた明治20年や江戸時代の結婚式の主流は、両家の親族や地域の人々を新郎側の自宅などに招く「祝言(しゅうげん)」でした。
人前式は、まさに「近しい人々の前で行う結婚式」で、古来より周囲の人々を大切に思う日本人ならではの結婚式なのです。

四柱神社での神前式

四柱神社での結婚式

「四柱神社」で行う日本伝統の神前式
人力車に乗るおふたりを迎える
ゲストの笑顔

城下町松本の中心地に位置し、松本城や蔵作りの街並みが続く中町にも近い四柱神社。その由緒ある神社での神社挙式は、その一挙一動にまで奥深い意味を感じながらご両家の新しい結びつきを実感する大切な時間です。厳かな空気の漂う境内に雅楽の生演奏が響きわたる中、三三九度など日本に伝わる古式ゆかしい儀式を通し夫婦の契りを交わします。ご友人の参列も可能なので、おふたりの挙式を多くの方に祝っていただくことができます。
松本らしい結婚式を希望するおふたりにお薦めの神社です。なお、隣接の参集殿に備わっている控室をお使いいただくことができます。
また、ヒカリヤから程近い国宝松本城周辺での撮影は、和装に身を包んだおふたりには特にお薦めいたします。お支度を済ませてから、披露宴の始まる前などに行うことが可能です。
当日のスケジュールに合わせてご提案いたします。

挙式の後は、人力車で縄手通りや中町を通って『ヒカリヤ』へ向かうのはいかがでしょうか。人力車に乗ったおふたりをゲストが笑顔で迎えてくれる、そんな温かなワンシーンも魅力のひとつです。

私たちは事前のご準備はもちろん式の中や式後までフォローさせていただきます。ご予約の手配から当日のご案内まで安心してお任せください。

神前式は、日本人が大切にしている家族や両家の絆を結ぶ日本の伝統の結婚式。結婚後のお宮参りや七五三など、自分たちが挙式を挙げた神社で、家族の節目を迎える方も多く、いつまでも結婚したその時の気持ちに戻れる場所となるのも大きな喜びのひとつではないでしょうか。

4人の神が祀られた由緒ある「四柱神社」
「願い事結びの神」のご利益を

「四柱神社」は松本駅より徒歩10分、松本城のほど近くに建つ由緒ある神社です。

「四柱神社」の由来は、1872年(明治5年)に松本に設置された神道中教院で1874年(明治7年)から四柱の神を祀ったことが始まりとされています。
ここでは「天之御中主神」、「高皇産霊神」、「神皇産霊神」、「天照大神」の神が祀られ、すべての願い事が叶う「願い事結びの神」としても知られています。

この神社は、明治天皇の信州地方初めての御行幸の際に神道事務分局を行在所に定めてお迎えした神社でもあり、その際に天皇が渡られた「御幸橋」が今も残ります。
また、地元の方からは「神道(しんとう)さん」の名で親しまれ、毎年10月には松本の秋を告げる代表的な祭「神道祭(しんとうさい)」で賑わいます。

松本の中心地にありながら、街の喧騒を感じさせない静寂さと厳かな空気に思わず時を忘れ心癒されます。

思い出深い神社での挙式

思い出深い神社での挙式

ヒカリヤからほど近い
「護國神社」・「深志神社」。
安曇野の「穂高神社」、御柱祭りで
知られる「諏訪大社」で挙式される方も。
おふたりのご希望をお伝えください。

「ヒカリヤ」では、「四柱神社」以外での挙式もお手伝いいたします。ぜひ、ご相談ください。

松本市内であれば、「ヒカリヤ」から車で10分の距離にある「護國神社」。
広大な敷地に豊かな自然あふれる境内では四季折々の風景を楽しめます。美しい自然に包まれながら長い参道を歩む「参進の儀」は感動的です。

徒歩で10分程度、朱色で統一された社殿や鳥居が印象的なのが「深志神社」です。諏訪明神、天神様を祀るこの神社。夏には八坂祭、天神祭の2つの夏祭りが開かれ、近隣の人々で賑わいを見せます。
また、映画やテレビドラマのロケ地としても知られている松本の隠れた名所でもあります。

また少し距離はありますが、御柱祭でも有名な「諏訪大社」での挙式も可能です。全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も古い神社のひとつとされる格式ある神社です。江戸時代の宮大工名匠立川流が建てた歴史深い社殿において、壮厳な雰囲気の中で執り行われます。

ご結婚から数十年経った未来にも変わらぬたたずまいを見せてくれる神社の挙式は、永遠の誓いを交わすにふさわしい場とも言えるでしょう。